ベネッセmcm短期の仕事


株式会社ベネッセmcm

看護師の人材紹介サービス<ベネッセmcm>会員募集中!

ベネッセmcmは、進研ゼミやこどもちゃれんじ等、
教育・生活事業でお馴染みの、ベネッセコーポレーション(株)のグループ企業です。
医療・介護の分野に特化した人材紹介、派遣を行っており、
看護師さんのお仕事探しを無料でトータルサポートいたします。
信頼の大手企業が運営しているので、看護師さんの転職ならベネッセmcmにお任せ下さい。

<短期・単発のお仕事>
1日だけ、1週間だけ、1ヵ月だけと、
短く区切って働くスタイルも、看護師ならではの求人といえるでしょう。
特定の施設に就業しながら、空いた時間を有効活用したい(稼ぎたい)人や、
逆に同じ施設に長く勤めるのではなく、決められた期間だけ病院に通うと
いった働き方を求める人が増えています。そういった要望に応えるように、
単発・短期のお仕事の求人は増加傾向にあるようです。

初めは短期の契約で働き、その施設が肌に合うと感じてから
契約期間を延長するという形もあります。
反対に、施設がどうも合わないと思ったら、
同じ施設からの仕事を受けないことも可能です。まずは気軽に挑戦してみるのがいいでしょう。

単発や短期の仕事内容ですが、
いわゆる看護師の仕事の領域であれば、基本的に何でも存在します。
病院の病棟担当、健診、人工透析、訪問看護、そして老人介護まで、
人手不足は多くの施設で深刻な問題ですから、仕事の種類で困ることはありません。
自分の得意分野で探しても、未開拓の分野で仕事の幅を広げるという探し方でもOK。
また看護師として働いている人が、休日を利用して単発・短期の仕事で
副収入を得ることも可能です。

支払いも日払いや週払いといった短いサイクルのものから
通常の月払いまで、施設や仕事の内容によって様々です。
さらに、求人数はあまり多くありませんが、
イベントナースと呼ばれる仕事が見つかることもあります。
これは、ライブ会場の救護場所や修学旅行の付き添いといった内容で、
病院や施設勤務とは違った経験が得られるかもしれません。

<病院>
基本的には日勤や夜勤と同等の給与が支払われます。
時給であれば1,800~2,100円。日給でも、拘束時間が短く
流れ作業的な健診であっても10,000円程度は見込めます。
夜勤であれば30,000~35,000円と、非常に大きな報酬が得られます。
正看護師と准看護師で、待遇が大きく異なるケースが少ない点も魅力です。

ただし、日払いの仕事は、月払いの仕事よりもやや時給が下がる場合もありますので、
お財布事情に合わせて選ぶようにしましょう。なお、日払いの仕事であっても、
月に1日だけでなく、初めから月4回(週1回)の仕事を入れることで、
時給を通常の基準に合わせることもできます。

病院やクリニックの単発・短期の仕事内容は、その施設ごとに大きく異なります。
救急外来のある大きな病院や、入院施設のないクリニック、
人工透析専門の病院では、看護師に求められる仕事が違うからです。
また、日勤と夜勤によって内容が変わることは言うまでもありません。

なお、病院や企業が単発の看護師を求めるのは、
殆んどの場合急遽人材を確保したいときです。
この為、募集から就職まで時間が掛かる求人情報が表に出る機会は少なく、
必然的に「非公開の求人情報」となるケースが多くなります。
病院での単発・短期の仕事を探すときは、この非公開情報も
しっかりキャッチできる当社のサービスをおすすめします。

<老人ホーム>
有料老人ホームのお仕事の特徴は、
医療行為がほとんど発生しないということです。
基本的には入居者の生活を支援する仕事が中心となります。
単発・短期ではありますが、入居者一人ひとりと向き合い、
じっくり関わっていく仕事を希望される方におすすめです。
急患への緊急措置を行う緊迫したケースも少なく、
病院のような忙しさがない点もポイントです。

<メリット>
単発や短期の仕事の良いところは、施設や病院などの雇用側ではなく、
あくまで自分の都合で予定を入れられることです。
例えば、夜勤専従で働いている人が単発として日勤で働いたり、
週休2日制の人が片方の休みを使ってダブルワークをしたりすることもできます。
もちろん、資格を必要とする仕事ですから、常勤の看護師と同様の収入が得られます。

1日から働けることも特徴で、例えば「今月はもう少しお小遣いがほしい!」と思ったとき、
サッと仕事を入れることで臨時の収入を得ることができるのです。
一度登録をしておけば、条件のいい仕事が出たときだけ働くことができますし、
以前、単発で気持ち良く働けた施設の仕事だけを受けるといったこともできます。

また、さまざまな職種、多くの施設での看護を経験することができる点もポイントです。
たくさんの医師や看護師、患者と出会うことで、人のネットワークを築くことができ、
スキルを磨くことができますから、キャリア的にもプラスとなります。
多くの現場を経験するうちに、長く勤めてもいいと思える場所が見つかるかもしれません。
結婚や出産、家庭環境の変化などで、看護師の仕事にブランクがあった人にとっては、
働いて収入を得ながら勘を取り戻す場と捉えることも出来ます。

<デメリット>
自由に楽しく稼げる単発・短期の仕事ですが、
ダブルワークの人は注意したい点が2つ存在します。1つは税金の問題です。
度を越えた収入を得てしまうと確定申告が必要になるなど、煩雑な作業が発生します。
副業を認めていない職場もありますので気を付けたいところです。
2つ目は体調の問題です。お金にばかり目がいってしまうと、
自身の体がNOを突きつけてくることも…。本業とのバランスを考えて働くことが肝要です。

<勤務先を決める際の注意点>
空いた時間で「稼げる」仕事をする、比較的「楽な」仕事で副収入にする。
単発の仕事を探すときは、最初にご自分が働く目的をはっきりさせることが大切です。
収入をメインに据えるのであれば、夜勤の単発の仕事を選ぶことをおすすめします。
たとえ月1日の勤務でも、決して小さくない報酬が得られるからです。
そこまで無理をしたくない人には、
時間が決まっている健診や有料老人ホームでの仕事がいいでしょう。

単発や短期の仕事は、同じ職場の人と関わる期間が短いので、
人間関係のトラブルは起きにくく、仮に苦手な人や職種であっても、
短期間ですのであまり大きな問題にはなりません。
一方で、その職場に合った働き方をしっかりすることが求められますから、
事前の研修は必ず受け、マニュアルに目を通しておく必要はあるでしょう。

1回の勤務で認められれば、
次に同じ職場で単発・短期の仕事が発生したときに働きやすくなります。
たった1度、わずか1日と考えるのではなく、長い目で見た働き方を心掛けることが大切です。

サービス対象地域は首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)、関西圏(大阪・兵庫)、愛知県

看護師の短期・派遣なら⇒ベネッセMCM★あなたにピッタリの働き方をご紹介★

この記事へのコメント